disign casa 建てる前に絶対に読みたい カタログ無料プレゼント中!

HOUSE DAYS STAFF BLOG

2024.05.14

家づくり情報

気密と断熱-③「気密測定」

こんにちは、遠藤翔太です!
今日は気密についてを再度書きます。

気密という住宅の性能を表すのに
C値という基準があります。

単位は㎠/㎡となり

床面積の1㎡あたりに対して、どれくらいの隙間面積㎠が

あるかというものになります。

なのでC値は小さい方が、隙間が少なく高性能というわけです。

一般的には1.0㎠/㎡を切ると高気密住宅と言われているようで、

自分が習った話だと0.8を切ると体感の違いは、ほぼないそうです。

では、このC値を測る方法が、今日のタイトルの気密測定です。

s074851.jpg

この画像のように計測器を
現阿野住宅に持ち込んで測定をします。

この筒上の機械で、外部に空気を吐き出すことで

その抵抗などから数値を算出するのです。

ハウスデイズでは全棟気密測定は行っています。

直近の数値は0.22でしたが

これは職人さんが皆さん意識をもってくれて、

なおかつ会社のノウハウが溜まってきての数値です。

IMG_1506 (1).jpeg

実際はちょっとしてことで

気密の数値は悪くなります。

サッシの取付前に行うひと手間であったり

気密断熱のラインに関する認識などですね。

気密測定は最近は一般的になってきたので

HPでうたっているハウスメーカーさんや工務店さんも
増えてきました。

しかし、まだしていないところもあるようです。

私的な考えではありますが

C値は大事な基準だと思うので、新築検討中の方は

弊社で建てない方含めて、全員行ってほしいと思っています。

個人的には、構造見学会ではなく

気密測定見学会をしても良いかなって思っているくらいです。

興味ある方からDMなどいただければ実現する・・・かも(笑)

実施の際はまたイベント情報ながしますので

よろしくお願いします!    

             

                  遠藤翔太


家づくりを通じて、家族の幸せな思い出と未来をお作りします。

大分県臼杵市・津久見市の新築・注文住宅・土地探しなら
【ハウスデイズ 遠藤建材社】 → http://endo-kenzai.com/

works施工ギャラリー

施工ギャラリー一覧へ